目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがレーシックと聞きますとあり、怖い先入観を持っている人も多くなっています。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

様々な臨床試験などもされており、レーシックは世界各国におきましても、その効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
術前に目薬のような形の麻酔をしますので、レーシック手術の際は、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復することが出来ます。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。

医療レーザー脱毛へ
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101



【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科ブログ:2018/7/24

暑い日の冷たいビールは格別ですよね。
夏場はたくさん汗をかき、のどが渇いているので、
ついついビールを一気に飲んでしまいがち…

また、揚げ物や味の濃い料理などの
高カロリーのおつまみがすすんでしまうことも…

ダイエット中は、
酔いの勢いに任せて暴飲暴食をせず、
腹八分目に抑えましょう!

お酒のカロリーは熱として放出されやすく、
体脂肪になりにくいと言われていますが、
飲み過ぎはやはりカロリーオーバーに…

とは言え、
お酒そのものより、
一緒に食べるおつまみで太ってしまうことがほとんど!
ダイエット中はおつまみを厳選し、
食べ過ぎないようにしましょう。

ダイエット中のおつまみには、
枝豆、冷奴、漬物がおすすめです。

枝豆も豆腐も高たんぱくで低カロリー。
漬物は野菜の食物繊維やビタミン、酵素の補給が期待できます。

おつまみの合間にこれらの三品をとり入れ、
腹を満たしておくとカロリーセーブにつながりますよ!

揚げ物とビールは黄金の組み合わせですが、
その分高カロリー。

唐揚げなら一つ、串揚げなら1本…というように
好きなものを一つだけゆっくり堪能して、
あとはヘルシーな刺身や焼き魚、野菜の煮物などをつまみましょう。

お酒の後の塩ラーメンやごはんものが、
太る原因なのはよく知られていますよね。

女性の場合、最後に甘いものを食べたくなることが多いようですが、
これは飲んだ後の塩ラーメンと同じこと。
ダイエット中は控えましょう!

お酒を我慢すると
かえってストレスになってしまうかもしれません。
ストレスはダイエットの一番の敵。
お酒も適度に楽しみましょう!

――――――以上で今日の報告を終わります。