目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがレーシックと聞きますとあり、怖い先入観を持っている人も多くなっています。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

様々な臨床試験などもされており、レーシックは世界各国におきましても、その効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
術前に目薬のような形の麻酔をしますので、レーシック手術の際は、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復することが出来ます。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。

医療レーザー脱毛へ
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101



【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科ブログ:2017/10/21

減量では
摂取カロリーを抑えることと、
栄養バランスのあるご飯を摂ることがとても大切です。

減量中のご飯には、
大切なポイントがいくつかあります。

まず、
減量の基本は
脂質を摂らないようにすることです。

なので、
揚げ物などは
できるだけ食べないようにしましょう。

しかし
鮭などに含まれる良質の脂肪分は
からだに必要となるので摂っても問題はありませんよ。

また、
炭水化物を減らしすぎるのは危険です。

からだのエネルギー源であり、
代謝を低下させないためにも、減らしすぎは禁物です。

ライスの量をいつもより
1/3か半分程度減らすようにするのが
簡単で効果的なやり方です。

そして、
「午前中はたくさん、19時は少なく」が重要ですね。

19時にかけてご飯量が増えれば、
低カロリーのご飯でもからだに脂肪が蓄積しやくなります。

ですから、
3:2:1のバランスで
午前中から19時にかけて
ご飯量を減らすようにしましょう。

午前中が苦手な方は
2:3:1のバランスでご飯を摂り、
徐々に慣らしていくやり方がおすすめです。

さらに、
トレーニングで筋肉が鍛えられても、
タンパク質の量が少なければ、
筋肉は成長しないので代謝も上がりません。

なので、
効率よく筋肉を成長させ代謝を上げるためにも
高タンパクのご飯を摂ることが重要です。

納豆や豆腐や赤身魚を食べるようにして、
プロテインドリンクも活用すると効果的となりますよ。

1日3食をしっかり食べて、
しっかり減量を成功させましょう!

体重を減らしたいからと、
ご飯を抜いているようでは、
いつまでたっても痩せられませんよ!