ここでは皮膚に出来るシミの一つかんぱんについてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ

【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ



【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つブログ:2016/6/20


友人が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
カレーライスなんだそうですね。

みなさん、ホントですか?

というのも、
あたしはママのカレーライスをきちんと思い出せないんです。

それはママがカレーライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりカレーライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりカレーライス。

その都度、
ママは「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
あたしのママの場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日のママのテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日チーズケーキも手作りだったのですが、
チーズケーキの大きさが毎回違うんです。

これはママがケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのチーズケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

ママの面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただあたしが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ

【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ

★メニュー

【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのは最高美容術と豊胸