ここではほくろをレーザー治療で施しキレイな皮膚作りについてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療



【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療ブログ:2015/5/08


減量に成功したら、
やっぱり肉体のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、ぼくは減量中、
肉体のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「大腿部」「ふくらっぱぎ」の5ヶ所。

できれば、減量中は
1週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

減量中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
減量はうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分が減量に成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目には減量がうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないような減量だったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
お腹周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

読者様!減量を成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

★メニュー

【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのは最高美容術と豊胸