ここではほくろをレーザー治療で施しキレイな皮膚作りについてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療



【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療ブログ:2015/7/01


あたくしは、
「鍋減量」を実践しております。

鍋減量というのは、
7時食・11時食は好きなものを食べて、
夕方食に野菜をたっぷり使った
鍋料理を食べる減量法です。

鍋料理は調理に油を使わないので、
炒め物、揚げ物などの調理法に比べてヘルシーであることと、
茹でることで野菜をたくさん使うことができ、
野菜やきのこ、魚介類、肉類などがバランスよく食べられ、
ビタミンやミネラルも摂取できる
ヘルシーな減量法だと思います。

鍋料理によく入れる野菜と言えば…

まずは、白菜。
ビタミンC、カルシウム、鉄、カロチンなど
芯の部分に特に栄養が豊富に含まれています。
キャベツに比べ、糖質が少なく低カロリーで
減量にはもってこいの食材です。
その他にも美肌効果、風邪予防、便秘の改善が期待できますよ。

長ネギ。
葉の部分にビタミンA(βカロテン)、
茎の部分にビタミンCを多く含みます。
独特の香りは「硫化アリル」という栄養成分で、
ビタミンB1の吸収や働きを高め、
からだの疲労回復効果や食品の消化・吸収を高めてくれます。

人参。
βカロテンを豊富に含む緑黄色野菜で、風邪予防、
またドライアイを防ぐ役割もあります。
また、抗酸化作用によりからだの中から老化を防止する効果があります。

きのこ類。
食物繊維、ビタミンB群、ビタミンD2、ミネラルなどを豊富に含み、
低カロリーなうえに便秘の改善にも効果があり、
減量にはぴったりの食材です。

このように鍋料理は、
たくさんの減量にうれしい効果がある
野菜を食べることができますよ。

からだの温まる鍋を美味しく頂きながら、
楽しく減量しましょう!

【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療

★メニュー

【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのは最高美容術と豊胸