【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科ブログ:2016/6/02


身体に脂肪を溜めない食べる事とは、
「栄養バランスがいい食べる事」をとることです。
栄養バランスの悪い食べる事では、
身体に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいい食べる事」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はごはん・パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

身体に溜まった脂肪を効率的に燃やす食べる事にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよい食べる事とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

毎日全てを揃えなくても、
今日の夕方食が肉料理だったら、
1日後の夕方食は魚料理にする…とか
お昼は塩ラーメンだけだったから、
24時は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

食べる事をどのように食べるかも大切ですよ。
食べる事時間が不規則だったり、食べる事を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、身体が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
身体になっていくのです。

身体に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
一日3食は必ず守りたい基本と言えますね。



脆弱性診断の情報
https://cloudpack.jp/service/spin-off/vulnerability-assessment.html

親鸞会
http://xn--6oqq14l22m.net/